『なかなか決断できない人』から『ためらいなく決断できる人』に変わる心理相談

FrontPage

決断相談のプロが語る決断に大切なこと

その決断、ちょっと待った。

今、様々な状況が動く中で、シンプルな決断ができない社会環境が出来つつあります。

真面目に勤めれば、ずっと会社にいられる時代ではありませんし、勤勉さだけで社会で生きていられる時代は去りました。

ひとつの会社で定年まで勤められる保証のない時代。
自分のライフスタイルや生活環境が刻々と変化します。

そんな時代に後悔せずに生きていけるかどうかを分けるのは自分で生活やライフスタイルを選び取る力です。

言ってみれば決断力。

決断には人生を180度変える力があります。

ただ、あなたがその力を実感するのはだいたい決断が終わってから。
そして終わった決断を後悔してからです。

あなたも日々決断を失敗したくないという想いから、情報を集めているかと思います。
しかし決断の為に、やみくもに情報を集めるのは実は逆効果だったりします。実際に

  • 情報集めに奔走して決断を遠回りした人
  • ふさわしくない情報で動いて決断をやり直す事になってしまった人

がたくさんいます。

情報をやみくもに集めても成功出来るわけではありません。
巷の成功哲学をなぞっていれば成功するというわけもないのです。

情報はあくまでも、最適な決断をするための手段。

ただ、『情報という手段に踊らされて決断を後悔する人があまりにも多い』
そんな事を感じています。

今、必要なのは情報を集める力ではありません。

  • 情報の優先順位を間違えない力。
  • 情報を正しく取捨選択できる力。
  • 必要な情報と不必要な情報を見分ける力。
  • いらない情報を持ち続けない力。

この力がない段階で情報に接するとあなたは「情報の奴隷」になっています。

せっかくの情報が「あなたを縛る鎖」になってはもったいないですよね。
情報の奴隷にならないために。まずはあなたの中の決断力を磨いていきましょう。

情報に踊らされるのか?情報を有効に活用するのか?あなたならどちらを選びますか?

情報量は数百倍。情報処理能力はなんと・・・!

入りきらなければ意味がない

なぜ情報を手放す方向のお話をしているのか?についてあなたを取り巻く状況から説明します。

今の時代は情報社会です。現代人の1日の情報量は、江戸時代の人の約1年分に匹敵すると言われています。スマートフォンが普及した今はすでにその数倍かもしれません。

どんなに情報を遮断しようとしても24時間情報にさらされ続ける時代。

しかし、人間が頭で同時に考えられる事柄はなんと・・・

たったの7個程度なのです。江戸時代と変わっていません。

それ以外は意識のテーブルからどんどんこぼれ落ち、場合によっては意識に上がってくる事すらありません。
もし、1,000の情報の中から7つ探すのと、100の情報の中から7つ探すのでは

  • どちらが探し出すのが早いでしょうか?
  • どちらが見つける確率が高いでしょうか?

決断まで時間がないときには、早さが求められます。
瞬時に判断しなければならない状況では、確率の高さが求められます。

あなたが今、決断力を磨く必要がある背景にはこういった社会の状況もあります。

あなたの頭の中が無駄なものでいっぱいにならないように。
決断と情報の整理を普段から出来る状態を作っておく必要があります。

決断のタイミングは突然やってくることもあります。
そのタイミングを逃さないために、今から決断力と情報精査を進めておきましょう。

30分無料電話相談はこちら(700-2)

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional